新着情報一覧 NEWS

ホーム > 新着情報一覧 > 182mm×182mmウエハを使用したモジュールラインナップを発売

182mm×182mmウエハを使用したモジュールラインナップを発売

リープトンエナジー株式会社(代表取締役:周 鳴飛、本社:兵庫県神戸市)は182mm×182mmウエハを採用した太陽電池モジュールの新製品を発売することとなりましたのでお知らせいたします。最高出力は、78セルで600W、72セルで550Wと、高出力を実現いたしました。


当モジュールはハーフセルを採用しており、電気抵抗が低減され、発電効率が向上。発電効率の低下につながる温度上昇も軽減されるので、ホットスポット発生リスクも抑制することができます。また、日照の少ない環境でも高いパフォーマンスを発揮する低照度機能を搭載しているので、安定した発電量を見込むことが出来ます。

 

■モジュールの大型化が進む中、182モジュールを選択した理由

 

太陽電池モジュールは、大型化、高出力化が世界のトレンドになっています。出力を上げ、発電量を増やすことで最終的にはLCOE(均等化発電原価)が下がります。
今後主流となるセルのサイズとしては182角と210角がありますが、日本市場を考慮した場合、出力やコストと施工や輸送などのハンドリングのバランスが一番最適なのは182モジュールであると分析しました。

 

 

日本などのアジア地域やその他の環境条件が厳しい地域でも、182モジュールは従来の2人での設置方法で安全に輸送および設置が可能です。
また、大型パネルを使用するメリットはほかにもあります。パネル自体に加えて架台や基礎、留め具、配線ケーブルなどの数量が削減できることが考えられます。

 

今後は、産業用、住宅用と用途に合わせての棲み分けが進むと考えられ、当社では引き続き166モジュールのラインナップも取り揃え、お客様のニーズに合わせたご提案を行ってまいります。

 

■182モジュールの製造ラインが完成 大量生産開始

 

当社では、先月、年間生産能力1.5GWの新モジュール工場が竣工し、182モジュールの大量生産が可能になりました。高品質な製品を低価格で安定してお届けすることを信念に、「再生可能エネルギーの主力電源化」に向け太陽光発電の普及に貢献して参ります。

 

PDFで見る

 

PAGE TOP