電気は作って使う時代へ

自家消費型太陽光発電

こんなお困りごとは
ないですか?

  • 電気代を
    削減したい
  • 環境経営に
    取り組みたい
  • 災害に
    備えたい
  • 再生エネルギー
    由来の
    電気を
    使いたい

このようなお困りごとを
お持ちの方は…

自家消費型太陽光発電の導入を
ご検討されることをお勧めいたします!

自家消費型太陽光発電導入の4つの効果

  • 価格が固定された
    電源の確保

  • CO2を排出しない
    電気の使用

  • 非常用電源の確保
    (BCP対策)

  • 屋根設置で
    遮熱効果
    (余計な空調
    の削減)

自家消費型太陽光発電とは

導入企業は自家消費型太陽光発電を購入し、足りない分だけ電気を電力会社から購入。電気代を削減しながら再エネ利用も出来る!

自家消費型太陽光発電とは、自社で設置した太陽光発電によってつくった電気を電力会社に売却せずに、工場・店舗・オフィスなどの自社設備で使用するシステムをいいます。

電気代の高騰・世界的な脱低炭素化の取り組みの増大・相次ぐ自然災害・FIT終焉による売電から自家消費への移行などの理由から導入する企業が増加しています。

このような場所に設置できます

  • 工場屋根・敷地

  • 商業施設の屋根

  • カーポートタイプ

自家消費型太陽光発電を
導入するメリット

  1. merit 01

    電気代が削減できる

    自家消費型太陽光発電で発電した電力を自社で消費することで、電力会社から購入する電気代がより安くなります。電気代の高騰への対策としても有効となります。

    • 2010年から2020年までの電力会社から調達した電気代上昇率説明図

      電力会社から調達した電気代は2014年には約38%も上昇、その後も上がり続けています。

    • 再エネ賦課金の推移予想

      また、FITによる再エネ普及とともに電力賦課金も年々上昇しています。

    将来の電気代上昇を見越した対策が、
    大きなコスト削減につながります。

    導入モデルケース

    中部電力ミライズ「高圧電力第二種プランH」

    システム容量 225.0kW
    初期導入費用※税込 3,950万円
    年鑑発電量(予測) 247,500kWh
    17年間発電量(予測) 3,979,864kWh
    • 1年間で455万円
      電気代削減

      ※発電した電気をすべて使うと想定

    • CO2削減量約1,590トン

    • ※中部電力料金単価、7-9月:19.62円、10月-6月:18.62円で算出しています。また、再エネ賦課金3.36円を含んでいます。
    • ※シミュレーション上の数値であり、設置条件などにより結果を保証するものではありません。
  2. merit 02

    節税対策

    中小企業経営強化税制を活用することで、設備導入費用を100%即時償却することも可能です。
    1850万円を即時償却するモデルケースの場合、
    上記のようなイメージになります。自家消費型太陽光発電の導入は節税対策としてもメリットを見出すことができます。

    税制利用しない場合と即時償却をした場合の節税対策説明図
  3. merit 03

    太陽光発電の屋外設置によって土地の有効活用が可能

    屋上へ設置した太陽光施設の設置面積相当分が、国が定める工場立地法内で、環境施設面積に算入できることにより、工場の新設・増設時に敷地の有効活用が期待できます。

    太陽光発電の屋外設置の土地有効活用説明図
  4. merit 04

    省エネ効果が期待できる

    パネル部分とパネル無し部分では最大約10℃程度の温度差があります。パネル設置を設置することで屋内の気温上昇を抑えることができるので、空調設備等の使用電力が下がり、省エネにつながります。

    建物の屋根に太陽光パネルを設置した場合の省エネ効果説明図
  5. merit 05

    企業価値UPが期待できる

    世界的なCO₂削減や脱炭素社会への動きの高まりが加速 ⇒SDGs・RE100(EGS投資)などの環境投資需要が増加
    RE100加盟企業の中には、取引先にも再生可能エネルギー導入を求める企業も。⇒再エネ導入の重要性が認知され、企業競争力に繋がる。

    CSR対策とESG投資

    CSR対策は企業イメージの良化だけでなく企業の利益に直結します!

  6. merit 06

    BCP対策としての非常用電源になる

    全国各地の自然災害は増加傾向にあります。自立運転機能付きのパワーコンディショナがあれば、非常時に太陽光発電で作った電気を使えるので防災対策(BCP対策)になります。

ご相談から運転開始まで
3~5ヶ月ほどで導入可能です。

導入までの流れ

  1. step
    01

    無料簡単
    シミュレーション

  2. step
    02

    お打ち合わせ

  3. step
    03

    ご提案

  4. step
    04

    ご契約・各種手続き

  5. step
    05

    工事開始

ステップ1から2は1週間から1ヶ月想定、ステップ3は1ヶ月から3ヶ月想定、ステップ4から5は1ヶ月想定

施工実績

岐阜県加茂郡の実績

岐阜県加茂郡
出力規模 216kW
使用パネル LP*156*156-
M-60-300W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

愛知県岡崎市の実績

愛知県岡崎市
出力規模 198kW
使用パネル LP156*156-
M-60-300W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

愛知県西尾市の実績

愛知県西尾市
出力規模 216kW
使用パネル LP156*156-
M-60-300W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

愛知県名古屋市の実績

愛知県名古屋市
出力規模 216kW
使用パネル LP156*156-
M-60-300W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

愛知県北名古屋市の実績

愛知県北名古屋市
出力規模 162kW
使用パネル LP156*156-
M-60-300W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県加茂郡の実績

岐阜県加茂郡
出力規模 162kW
使用パネル LP156*156-
M-60-300W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県岐阜市の実績

岐阜県岐阜市
出力規模 180kW
使用パネル LP156*156-
M-60-300W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県可児市の実績

岐阜県可児市
出力規模 240.5kW
使用パネル LP158*158-
M-60-H-325W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県岐阜市の実績

岐阜県岐阜市
出力規模 144.3kW
使用パネル LP158*158-
M-60-H-325W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県恵那市の実績

岐阜県恵那市
出力規模 247kW
使用パネル LP158*158-
M-60-H-325W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県中津川市の実績

岐阜県中津川市
出力規模 149.5kW
使用パネル LP158*158-
M-60-H-325W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

滋賀県栗東市の実績

滋賀県栗東市
出力規模 210.6kW
使用パネル LP158*158-
M-60-H-325W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県中津川市の実績

岐阜県中津川市
出力規模 140.4kW
使用パネル LP158*158-
M-60-H-325W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

滋賀県大津市の実績

滋賀県大津市
出力規模 170.4kW
使用パネル LP156*156-
M-60-300W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県大垣市の実績

岐阜県大垣市
出力規模 300.16kW
使用パネル LP158*158-
M-60-H-335W
業態 スーパーマーケット
設計・施工

岐阜県恵那市の実績

岐阜県恵那市
出力規模 79.95kW
使用パネル LP158*158-
M-60-H-325W
業態 スーパーマーケット
設計・施工