リープトンエナジーの
太陽電池モジュール

リープトンエナジーの太陽電池モジュールは自社工場生産。高品質なパネルを、コスト競争力に優れた価格でご提供しています。
最新鋭の設備を投入し、オートメーション化された自社工場で大量生産を実現したパネルは、厳しい日本基準で製造され、国内だけでなく、海外の国際機関の認証も受けています。
さらにトップサプライヤの証である、「Tier1リスト」にも選出されており、充実の保証も付帯。長く安心して使えます。

自社工場製造による厳格な品質管理

最新鋭の設備を投入し、オートメーション化された自社工場で大量生産を実現。高品質なパネルをコスト競争力に優れた価格でご提供します。

モジュール工場製造過程

閉じる

世界水準として認められた認証を取得

  • tuv
  • chemitox
  • ce
  • iso9001
  • inmetro
  • ohsas
  • iso14001
  • jpec

トップサプライヤの証 Tier1リストに選出

Tier1

nef

Bloomberg New Energ y Finance(BNEF)は世界6大陸拠点に調査員を配置するエネルギー部門の事業者及び専門家を支援する研究機関です。そのBNEFが四半 期ごとに、「Tier1=トップクラス」と定め、発表するリストがTier1リストです。リープトンエナジーはTierリストに選出さています。

太陽電池モジュールについて

太陽電池モジュールの説明画像
1低反射高透過性熱強ガラス

セルにしっかりと太陽光を取り込める「低反射高透過性強化ガラス」を採用。表面には反射による損失を抑えるARコート※(反射防止膜)を施しています。

※ARコート=Anti-Reflective Coated(反射防止加工)

2EVAシート(上)※

EVAシートは光の吸収力を高める透過性の高い素材を使用。下層にある太陽電池セルに、より多くの光を透過できます。

※エチレン酢酸ビニル共重合樹脂(封止材)

3太陽電池セル

厳しい検査をクリアした高品質なセルを使用しており、公称最大出力値以上の出力が期待できます。

4EVAシート(下)

紫外線の阻止力が高い素材を使用しています。

5耐候性バックシート

太陽光の高熱・紫外線などのダメージからセルを守ります。

6アルミ合金フレーム

フレームは、建築用サッシなどにも使用されている、強度、耐食性に優れたアルミ合金「AL-6063-T5]※を採用しています。

※6063は、国際アルミニウム合金名で、6000番台はAl-Mg-Si系合金。T5は調質記号で、高温加工から冷却後、人工時効したものを表しています。

リープトンエナジーの太陽電池モジュールの特徴

マルチバスバーセルの採用
バスバー間の距離を縮めることで、
電気抵抗が軽減され、出力が向上しました。
ハーフセルの採用
従来のセルを1/2サイズにカット。発電ロスを減らし日照が少ない環境下でも出力を向上、ホットスポットも抑制します。
国内・国外の各種認証取得
火災耐性認証、PID耐性認証、塩水腐食耐性認証(※)アンモニア腐食耐性認証など、各種認証を取得しています。

※重塩害地域(海岸より500m以内)を除きます。

低照度機能
日照の少ない環境でも高いパフォーマンスを発揮する低照度機能を搭載しています。
様々な気象条件下に耐えるパネル強度
積雪荷重5400Pa、風圧荷重2400Paに耐える強度を備えています。(TÜV NORDによる負荷試験による)

保証・補償・
ソーラーローンについて