新着情報一覧 NEWS

ホーム > 新着情報一覧 > リープトンエナジーとみらい電力が協業し、初期費用ゼロの オンサイトPPAシステム「RE:ピート」を開始

リープトンエナジーとみらい電力が協業し、初期費用ゼロの オンサイトPPAシステム「RE:ピート」を開始

リープトンエナジー株式会社(代表取締役:周 鳴飛、本社:兵庫県神戸市)は、みらい電力(代表取締役:中西 芳比朗、本社:名古屋市西区)と協業し、再生可能エネルギーを導入したい企業様を対象に、初期投資ゼロで太陽光発電を始める事ができるサービス「RE:ピート」の提供を開始いたしました。


■オンサイトPPAシステム「RE:ピート」とは

オンサイトPPAとはPower Purchase Agreement(電力販売契約)の略で、電気の利用者である導入企業様が発電事業社に建物の屋根などのスペースを提供し、発電事業社が発電設備の設置と運用、保守を実施、現地(オンサイト)で発電した電力を導入企業へ提供するというものです。

 

「RE:ピート」では、リープトンエナジーと、新電力会社「みらい電力」、EPC開発者がタッグを組み、導入に係わる手続きからシステムの納入、メンテナンス、電力の需給管理まで、電力供給に必要なことすべてをワンストップで提供します。

 

 

◎「RE:ピート」の主なバックアップ内容
・システム開発支援
・システム一式の納品
・補助金申請代行
・電気の需給管理
・最適な補助金制度の調査
・PPA契約に関する支援

 
■オンサイトPPAシステム「RE:ピート」のメリット

 

「RE:ピート」のメリットは、初期費用ゼロで再生可能エネルギー由来の電力を使うことが出来ることです。2050年までにCO2排出を全体でゼロにする政策目標「カーボン・ニュートラル」実現に向けての動きが加速する中、SDGs(持続可能な開発目標)や「RE100」など、脱炭素社会への取り組みや貢献をアピールできるのは企業にとって大きなメリットです。

 

また、上がり続ける電気料金への対策にも効果的です。太陽光パネルで作った電気を使えば、各電力会社からの電気購入量を減らすことができます。更に蓄電池を併設すれば災害時の非常用
電源としての活用が見込め、契約終了後には設備が譲渡されるので、長期的なコスト削減に大きく貢献します。

 

リープトンエナジーは2012年に神戸で設立以来、太陽光発電のシステムメーカーとしてモジュールや架台の製造・販売を行ってきました。自社工場で生産されるパネルはTier1にも連続選出され世界的
に評価されています。今後はメーカーとしてだけではなく、世界的な目標である、「再生エネルギーへの転換」を加速させるべく太陽光発電を通した商品・サービスを提供していきます。

 

PDFで見る

 

 

PAGE TOP